大人の役目とは。

  04, 2015 10:31
  •  -
  •  -
1933年には、旧陸軍の水分補給を禁じた行軍演習中に、8人の兵士が亡くなったそうです。精神に異常をきたして自死した人まであったということです。

でも、その後「戦後民主主義」の世の中において、ここ十年くらいの間に急速に「熱中症」という言葉が広まるまでは、「運動中の水分補給は体を弱くする」というのが常識だったはずです。

いかに旧軍隊が実態を把握せず、情報を公開せず、一般人の側も「軍隊さんの真似をすれば強くなる」という幻想にとらわれていたかを示していると思われます。

スポーツクラブなどでは、まだまだ旧弊な意識にとらわれ、練習中に水分補給時間を設けないところもあるようです。くりかえしますが、熱中症は人災です。

大人の役目とは、次世代がのびのびと自己実現できる環境を整えてやることです。死を早めることではありません。

この国の夏は、弔いの季節です。反省を次に生かしましょう。


Related Entries