記事一覧

書道をイメージ利用した漫画。


数年前に講談社『イブニング』誌上で、書道家を主人公にした作品が掲載されていたと思います。

市井で暮らす人々の人生模様を描いた上で、型破りな若手書道パフォーマーが、彼(女)の人生を象徴する漢字を記した作品を進呈するという話だったと思います。

その書を制作するにあたって、紙はどこどこ産の高級紙、筆は何号、膠の混ぜ具合は……なんて解説をするわけではないわけでした。

酒井美羽『ミルクタイムにささやいて』では、主人公ミミちゃんのお父さんが書道家という設定で、大作を書くための墨液に木工用ボンドを混ぜる姿が描かれていたと思います。

ミミちゃんの夫君は、たしか日本画家でしたが、やっぱり仕事の詳細はほとんど描写されていなかったと思います。

いずれも(今どき)普段から和装という男性たちで、書家や日本画家のステレオタイプ利用ということだったのでしょう。

漫画家はもともと絵や「描き文字」に興味のある人々ですから、ほんと言うと日本画家になりたかったな、書道もやってみたいなという憧れがあるのでしょう。

でも詳細を調べて描くということは、なかなか出来なかったというのが、少し前までの女流のふつうの姿だったかと思います。

いわゆる同人活動も、少女がサッカー選手を描いているといいながら、サッカーについては全く知らないということがあったもので、これが異端視されたこともあったのですが、女性の創作態度として、わりに一般的な現象が、そのまま若い世代へも引き継がれただけのことだったろうと思われます。

考えてみると男性の中にも、本当によく調べてから描くことのできる人は少数派で、だからこそ彼らの作品に高値がつくわけです。

……村上隆の作品は、よく調べて描いた内の一つでしょうか。

Related Entries

SEARCH

Profile & Caution

Misha

Author:Misha
スマホ時代にさからう評論系長文ブログ。冷静に通読できる大人の読者様を想定しています。

「若い人」に直接呼びかける文章は、18歳以上のヤングアダルト対象です。高校生は受験を最優先してください。

書く人は、新旧とりまぜて映画とアニメを見ながら文芸書に取りくんでみたり、昔の漫画を思い出したり、お国の先行きを心配したりしております。

記事中の色つき文字は、映画中の台詞・挿入歌からの引用です。あらすじは、あまり申しませんので、楽しみに御覧ください。取り上げる作品は、暴力・エロスなど特殊な要素を含んでいることもあります。

ときおり、耽美・BL・同人・LGBTに言及します。いずれの分野からも、偏見と差別と自虐がなくなるといいと思っております。

「二次創作の責任を二十四年組に押しつけるな」「実在同性愛者に甘えるな」が基調です。

全体として、二十四年組ファンが社会学者に物申すという珍しい構図。一部勘違い同人を叱責することによって全体を守るという意図もあり、ときにかなり辛口です。

記事は時々予告なく手直し・削除・分割しております。保存は個人的閲覧の範囲で、お早めに御随意に。転載・改変利用は固くお断り申し上げます。

解題


Casketとは、玉手箱。

でも検索すると棺桶がならびます。来世まで持っていきたい好きな作品の記録帳とご理解ください。