自称マイノリティとは。

  06, 2015 10:20
  •  -
  •  -

自分にレッテルを貼るのが好きな人の一種です。根は寂しがりやさんなので、依存的です。

レッテルに依存して、自分は「ノンセクシュアル」だから、ゲイに性的な質問をしてもいいと、大きな勘違いをしている人です。

彼らをプレジデント派の代役として利用することもあり、面と向かって「どーーしてホモって言っちゃいけないの~~?」と訊いてしまうこともあります。

こういうのは「頭の悪いふりをすると、男の人から『子どもっぽくて可愛い娘だな』と思ってもらえる♪」という、プレジデント派向けの戦術なのですが、本人はあまりにもナチュラルに身につけてしまっているので、気づきません。

世の中に「私も頭の悪いノンセクのふりをすれば、ゲイと遊んでもらえる」と勘違いする女性が増えると、彼らがたいへん迷惑するはずなんですが、自分のことしか考えていないので、ゲイバーで遊ぶ様子をSNSで実況してしまいます。

【ゲイが新宿二丁目にこだわるわけ。】

そこが彼らにとって「租界」であり、アジールだからです。

差別的なストレートが、ここまでは入ってこないという自治区域であり、安全圏だからです。

したがいまして「男がガールズトークに首つっこんじゃダメよ」という弱者特権を主張する人が、ゲイボーイズトークに首つっこんではいけません。

とくに「ゲイは優しいから人生相談に乗ってくれるに決まってる」という先入観に基づいて、彼らを無料ホストとして利用するのは、差別行為そのものであることに気づきましょう。

【レズビアンを無視。】

ストレート女性が若いゲイを見物することを目的にゲイタウンへ押しかける現象について、レズビアンが厳しいクレーム文書を発表した(ブログ記事を挙げた)のは、2009年です。

この件を知らず、彼女たちの不快感に気づきもしないようであれば、性的マイノリティの仲間ではありません。

自分自身が「案内してあげる」などと先輩づらしたくて、ゲイ遊びの仲間を増やそうとしているだけです。

単なるマジョリティの横暴です。


Related Entries