記事一覧

闘犬とライオン。


犬の散歩中にライオンに遭遇させたらどうなるかって実験するテレビ番組を拝見しました。有吉さんがホスト。

オーナーに連れられた犬たちに指定コースを歩かせて、コーナーを曲がったら、進路をふさぐ大きな檻の中に雄の成獣が2頭いる。

土佐の闘犬が前のめりになって、無言で正面からにらみ合った挙句に、自分より大きい百獣の王を屈服させました。戦いを仕事と心得た男の攻める姿勢にしびれたです。

あれは、まずは「互角」と認めるから睨みあいが発生するんでしょうねェ……往時の剣闘士などもあのようだったでしょうか。

ポメラニアンやトイプードルは、自分の小っちゃさ顧みず、激しい威嚇をくりかえしました。ライオンのほうが猫っぷりを発揮して、大きな掌でつかまえようとする仕草が可愛かったです。

ドーベルマンはライオンの姿を見る前から腰が引けていたんだそうで、番犬にするくらいだから匂いに敏感なのかもしれません。

また『銀牙』とか読みたくなりました。好きなキャラクターですか? 紅桜です。アニメ版では淡海悟郎の音楽も泣かせましたね。



Related Entries

SEARCH

Profile & Caution

Misha

Author:Misha
スマホ時代にさからう評論系長文ブログ。冷静に通読できる大人の読者様を想定しています。

「若い人」に直接呼びかける文章は、18歳以上のヤングアダルト対象です。高校生は受験を最優先してください。

書く人は、新旧とりまぜて映画とアニメを見ながら文芸書に取りくんでみたり、昔の漫画を思い出したり、お国の先行きを心配したりしております。

記事中の色つき文字は、映画中の台詞・挿入歌からの引用です。あらすじは、あまり申しませんので、楽しみに御覧ください。取り上げる作品は、暴力・エロスなど特殊な要素を含んでいることもあります。

ときおり、耽美・BL・同人・LGBTに言及します。いずれの分野からも、偏見と差別と自虐がなくなるといいと思っております。

「二次創作の責任を二十四年組に押しつけるな」「実在同性愛者に甘えるな」が基調です。

全体として、二十四年組ファンが社会学者に物申すという珍しい構図。一部勘違い同人を叱責することによって全体を守るという意図もあり、ときにかなり辛口です。

記事は時々予告なく手直し・削除・分割しております。保存は個人的閲覧の範囲で、お早めに御随意に。転載・改変利用は固くお断り申し上げます。

解題


Casketとは、玉手箱。

でも検索すると棺桶がならびます。来世まで持っていきたい好きな作品の記録帳とご理解ください。