自称ノンセクシュアルのSNS処世術。

  22, 2015 10:25
  •  -
  •  -

もし本当に性的な話題に関心がないか、不快感しかないのであれば、児童文学や愛玩動物の話題、地元の風景写真やハンディクラフトの写真をアップロードするといいです。「正しい日本語」とか「難読漢字」なんて薀蓄ブログもいいかもしれません。

優しそうな人だ、上品な人だと思ってもらえて、おなじ話題を求めるフォロワーさんがついて下さるでしょう。

お料理を試して「クックパッド」へ投稿すると、おいしいものを自分で作って自分で食べて不機嫌になる人はあんまりいませんから、一石二鳥です。

もともと性的な話題を共有しない人々が集まっているところへ、わざわざ「お姉さん一人で寂しいの?」などといった嫌がらせコメントを書き込んでくる人は、ほぼありません。

性的な話題がリツイート、リブログされてくるのが不愉快であれば、黙ってブロックするのが、むしろマナーです。スパムはプロバイダなどへ報告すればいいです。

もし職場・学校の仲間に「自分は結婚する意志がないので合コンに誘わないで下さい」と告知したいのであれば、実名制SNSでないことには意味がありません。

つまり、ハンドルネームで「ノンセクシュアル」を名乗る必要は、ほぼありません。名乗れば、かえって「本当に何もしたことないの?」などと揶揄したがる人を引きつけやすくなるでしょう。

自分から「オフ会」を企画しない限り、肉体的な接触を前提とした交際の申し込みがあり得ないSNSにおいて、あえて「ノンセクシュアル」を名乗らなければならないのは何故か?

自分から性的な話題に参加したいからですね。

それも「彼氏の体力がどう、技術がどう」といった通常のガールズトークであれば、ガールズトークの好きな女子ですと名乗れば通用するわけですから、ガールズトークに参加したいのではありません。

じつは「おとめトーク」に参加したいわけです。つまり、BL方面に振った話をしたいわけです。BL系統のエロティックな話題にコメントをつけたり、リツイートしたりしたいわけです。

それは、ノンセクシュアルではありません。


Related Entries