ノンセクシュアルが隠語化する可能性。

  28, 2015 10:20
  •  -
  •  -

現実の体験に基づいて「彼氏の体力がどう、技術がどう」といった赤裸々なガールズトーク(ガールが性行為してはいけないはずですが)をしたい人々は、もちろん「ノンセクシュアル」を自称しません。

もし、実体験に基づかずに「彼氏を相手にする彼の体力がどう、技術がどう」といった話を女同士でしたい、すなわちBLの話題を共有したい人々の一部が「ノンセクシュアル」を自称するなら、それがBL女子を示す隠語となる可能性があります。

そして、「ノンセク」を自称しながらゲイバーで遊ぶ様子を嬉々としてレポートする人がいればどうなるか?

当然、他のBL女子が「私たちもノンセクなんですけど、いいですか~~?」と言いながらゲイバーへ押しかける。

お目々キラキラさせて「私たちは母親のせいでノンセクになったんですけど、お兄さんはいつからホモになったんですか~~?」と質問して廻る。

これは防いだほうがいいだろうと思われます。

したがいまして、ノンセクシュアルを自称する女性は、女性同士で人権活動団体を立ち上げ、女性だけでルームシェアする生き方を探るのが適切であると申し上げておきます。

女性だけでルームシェアしているところへ、男性が嫌がらせしてくるといえば、男性中心社会の中にはきちんと対応してくれる男性もいます。女性政治家・女性新聞記者も味方になってくれるでしょう。

ノンセクシュアルの女性が、非婚を自分の権利として、堂々と生きるとは、そういうことです。ゲイバーに潜り込むことではありません。



Related Entries