MISHA'S CASKET

好きな言葉は残侠と耽美。うぐいすリボン協賛中。

 > 映画(2016年の記事)

1979年5月、市川崑『病院坂の首縊りの家』東宝

1979年5月、市川崑『病院坂の首縊りの家』東宝

まァ、あったものは壊れていくよ。原作:横溝正史 脚本:日高真也・久里子亭 撮影:長谷川清 美術:阿久根巌 録音:矢野口文雄 照明:佐藤幸次郎 音楽:田辺信一 ジャズ演奏:江草啓介カルテット+伏見哲夫シリーズ5作目、最終章。冒頭に登場する年輩の俳優さんは誰だったかなと思ったところ、金田一さんのご友人で、横溝さんとおっしゃるのでした。昭和二十六年。まだ火鉢を使っていた時代。でも1950年代に入ってるわけで...

... 続きを読む

1960年10月、大島渚『日本の夜と霧』松竹

1960年10月、大島渚『日本の夜と霧』松竹

過去に過ちをおかした者でも、権利はある。未来に向かって、ふたたび過ちをおかすまいと努力するかぎり、問う権利はある。脚本:大島渚・石堂淑朗 撮影:川又昂 美術:宇野耕司 音楽:真鍋理一郎 録音:栗田周十郎 照明:佐藤勇昭和三十五年度芸術祭参加作品。篠田作品もあらかた観ちゃったので、次の波乗りなのです。安保果てて、まだ「新左翼」は登場してなかった、いわば戦間期。遠藤さんが若い。(まずそこ)きたない部屋...

... 続きを読む

1952年11月、木下恵介『カルメン純情す』松竹

1952年11月、木下恵介『カルメン純情す』松竹

どうせ日本はままならぬ。へなちょこ野郎はけっとばせ。音楽:ジョルジュ・ビゼー 脚本:木下恵介 撮影:楠田浩之 美術:浜田辰雄 録音:大野久男 照明:豊島良三 音楽:黛敏郎・木下忠司 振付:三橋蓮子木下先生、画面がななめってます! 芸術が爆発してます! やりたい放題やってます! 前衛芸術っていうか、もはやパンクかもしれない。日本のミュージカル映画には「リリィ・カルメン」さんという空前絶後の魅力的なキ...

... 続きを読む

1957年1月、黒澤明『蜘蛛巣城』東宝

1957年1月、黒澤明『蜘蛛巣城』東宝

見よ、妄執の夢の跡。魂魄いまだ棲むごとし。脚本:小國英雄・橋本忍・菊島隆三・黒澤明 撮影:中井朝一 美術:村木興四郎 録音:矢野口文雄 照明:岸田光一郎 美術監修:江崎孝坪 音楽:佐藤勝大ロケーション、大叙事詩。シェイクスピアと能楽を、シェイクしないでステアして。まずは、スタジオを飛び出した時代劇。馬がドカドカ走ってるのが新鮮。これは自動車かオートバイにカメラマンが乗ったんでしょうね。日本経済が復...

... 続きを読む

1944年11月、木下恵介『陸軍』松竹

1944年11月、木下恵介『陸軍』松竹

男の子は天子様からの預かりもんじゃけ、お返しするまではハラハラします。陸軍省後援、情報局国民映画。この当時の映画の常として、スタッフはノンクレジットです。まさかの慶応年間から始まって、山県有朋は顔を出さないけれども陸軍創設以来の歴史をひもときつつ……気丈な母と不器用な父子たちのホームドラマなのでした。木下恵介ここにあり。昭和19年11月というと、もうだいぶ逼迫していた頃だと思われますけれども、ロケとセッ...

... 続きを読む

1935年8月、マーク・サンドリッチ『トップ・ハット』

1935年8月、マーク・サンドリッチ『トップ・ハット』

インヴィテイション・トゥ・ロマンス。1935年。馬車と二階建てバスが混在する倫敦。トップハット・ホワイトタイ・アンド・テイルズに装った紳士たちのレヴュウを拝見いたしましょう。ヴェネチアあたりのブライダルスイートに燕尾服が2人で泊まると不思議なことも起こります。つまり、スマホで自分撮り写真を送ったり、顔アイコンでご挨拶なんてことがあり得なかった時代のロマンチックコメディ。筋立ての他愛なさは難癖つけるとこ...

... 続きを読む

1983年4月、今村昌平『楢山節考』東映・今村プロ

1983年4月、今村昌平『楢山節考』東映・今村プロ

なんぼつらいとて楢山は、雪がどんと降りゃ楽なもの。製作:友田二郎 企画:日下部五朗 原作:深沢七郎「楢山節考」「東北の神武たち」 撮影:栃沢正夫 照明:岩木保夫 音楽:池辺晋一郎 助監督:武重邦夫 美術:稲垣尚夫 脚本:今村昌平お山参りはつろうござんすが、ロケハンも美術さんも緒方さんもご苦労さんでござんした。撮影3年、標高1000メートル、廃村貸し切りのオールロケ。ちょうど木下作品とは真逆の意味の...

... 続きを読む

1978年2月、市川崑『女王蜂』東宝

1978年2月、市川崑『女王蜂』東宝

お客の噂をしないのは、客商売の心得ですからね!原作:横溝正史 脚本:市川崑・桂千穂・日高真也 撮影:長谷川清 美術:阿久根巌 録音:矢野口文雄 照明:佐藤幸次郎 音楽:田辺信一 監督助手:西川常三郎 協力監督:松林宗恵金田一耕助シリーズ第4弾。さらに怪奇に、さらに耽美に、さらに華麗に。(予告篇より)昭和7年。山また山の天城路に。さみどり匂う岸の色。京大生が遊びに来たんですね。仲代さんの学帽姿も無理...

... 続きを読む

1977年4月、市川崑『悪魔の手毬唄』東宝

1977年4月、市川崑『悪魔の手毬唄』東宝

失のうたものは、いつも大きいんじゃ。製作:市川崑・田中收 原作:横溝正史(角川文庫版) 脚本:久里子亭 撮影:長谷川清 美術:村木忍 録音:田中信行 照明:佐藤幸次郎 音楽:村井邦彦 監督助手:岡田文亮 協力:マツダ映画社 角川春樹企画金田一シリーズ第2弾。昭和27年、山また山の鬼首村。おにこうべ村が正しいそうです。自転車のブレーキは乗用前に点検しましょう。呪文・迷信をばかにしてはいけません。独特の...

... 続きを読む

1969年5月、篠田正浩『心中天網島』東宝

1969年5月、篠田正浩『心中天網島』東宝

女っちうもんは、一人の男にこうと思い込んだら、ちょっとやそっとであとには引かんもんや。製作:中島正幸・篠田正浩 原作:近松門左衛門 脚色:冨岡多恵子・武満徹・篠田正浩 台詞:冨岡多恵子 音楽:武満徹 撮影監督:成島東一郎 美術:粟津潔 録音:西崎英雄 絵:篠田桃紅 時代考証:林美一 衣装考証:上野芳正さァこれは分からない。分かるんだけど分からない。篠田さんがやりたいことを全部やって「わが人生にいっ...

... 続きを読む