Category同人論・BL論 1/88

生産性が低い仲間だからといって、実在LGBTが二次創作BL同人の暴言を許してくれるわけではないです。

だから開き直るんじゃなくて、自戒しましょう。ゲイたちがあなたに期待することは、傷つきやすい少女ごっこではなくて、ふつうにおとなの女性の品格をもって行動できることです。シリーズR、エピローグ。そして未来への提言。日本のゲイ・コミュニティというのは、シス・ストレート女性の間で特殊な同人誌が流行したことによって、同性愛に対する偏見が助長され、自分たちが差別される被害が増えてしまったと信じていて、1990年代...

  • -
  • -

【シリーズD総集編】「原作者に大目に見てもらってる」とか言っちゃう同人が、一番の掟破りです。

当ブログの同人論・BL論は「皆さん、私たち同人は原作者に大目に見てもらってることを忘れちゃいけないんです!」とか「私たち女性には弱者特権がある!」とか言って終わるレベルのものではないです。「それ言っちゃう人が一番の掟破り」とか「ある場面では特権があると言えるが、ある場面ではない」と切り返すものです。...

  • -
  • -

限定公開記事のパスワードをお知らせ致します。

半角数字で「1904」です。皆様ごきげんよう。Misha は平成最後の四月に限定公開記事の使い方を覚えました…。昨日「読めんじゃん」とお思いになった皆様方には謹んでお詫び申し上げます。「シリーズR総集編」は、かなりあれな記事です。二次創作(またはBL)に関わる方々に覚えておいて頂きたい注意事項をたくさん含んでいますが、根本的に「ここの管理人が『私は同人やっていた』と称する中年の支離滅裂な暴言に悩まされた」と...

  • -
  • -

【シリーズR総集編、その3】あるセラピストの崩壊と、真の障がい者福祉。

  • -
  • -

【シリーズR総集編、その2】キーワードは、生産性と適応障害。

  • -
  • -

【シリーズR総集編】それは「私の同人誌を売ってあげようか?」から始まった。

  • -
  • -

刻々と終わり行く平成、いまだ未解決の昭和。

全共闘世代とバブル世代の明日はどっちだ。皆様、平成も残すところ7日となりました。その締めくくりを美しく整えて参りましょう。そして、大掃除の最中というのは、とっ散らかった印象を与えるものでございます。...

  • -
  • -

同人論・BL論には目的があるので、あわててクレームしないでください。

あなたの自滅を防ぐためです。当ブログには、同人論・BL論という珍しいコンテンツがございます。これは、2010年代前半に日本のSNSユーザーたちが、急にインターネット投稿の増えた「二次創作(であるところのBL)」という特殊なアマチュア作品の是非をめぐって、男性チームと女性チームに分かれて、予備知識を欠いたまま稚拙な水かけ論を繰り返していたことに対して、その鎮静化を願って、情報提供を試みた経験に基づいてい...

  • -
  • -

禁断の愛を越えて。

2010年代前半、日本のオンライン社会は、後に「二次創作BL」と呼ばれることになる特殊なアマチュア創作物の投稿が急増したことによって、その是非を問う論争を多発させていました。その中には、同性指向の男性と思しきアカウントによる「女性が書くものは禁断の愛という前提だから良くない」という批判的発言がありました。けれども、その時点で盛んに投稿サイトやブログにアップロードされ、SNSに転送され、同好者によって共...

  • -
  • -

生産性低いシス・ストレート男女の奇妙な論争。

2010年代前半、日本のインターネットは、後に「二次創作BL」と呼ばれることになる特殊な創作表現の話題で、炎上とも呼ばれる論争をくり返していました。その論争の中には、男性と思しきアカウントによる「化粧を覚えて結婚すれば、BLから足を洗えるよ」という、お為ごかしの忠告がありました。ここの管理人は、たいへん不思議に思いました。なぜなら、1980年代商業BLの第一人者というべき栗本薫が、その1980年代の間に編集者...

  • -
  • -