MISHA'S CASKET

スポンサーサイト

著作権侵害の非親告罪化は、いまさら有罪化という話ではありません。

いままで自由だったものが急に有罪化されたので納得いかな~~い、よい国民のみんなもそう思うでしょ~~という話ではありません。現行法で有罪です。二次創作は、もともと規制されているのです。それを「検問を実施しないでくれ」という話をしている(していた)だけです。そのために「検問を実施すれば、身に覚えのないドライバーまで足止めをくらって仕事に遅れてしまう。大損害だ」といった言い訳をするわけです。創作物に即し...

そもそも、権利とは?

それを尊重してくれる人がいないと成り立たない概念です。女性が「私には基本的人権があるんですよ!」と叫んでも、男性が「俺には関係ねぇよ」と思えば、様々な事件が起きてしまうわけです。すると「私の人権を無視する悪い人がいます!」といって、司法に訴えることになります。その司法が発行する逮捕令状に基づいて、行政(警察)が出動するわけです。その警察が粘り強く勤勉である時、確実に逮捕がなされるので、加害者のほう...

著作権法そのものを否定する権利も、あることはあります。

世の中「確信犯」という言葉もありますが、言ってしまえば国民には「著作権法があること自体がおかしい」と主張する権利もあります。「著作権法なんて法律があるから我々同人は迷惑させられている。著作権法そのものを撤廃して、二次創作を全面自由化すべきだ」と主張する権利もあります。「著作権法があるからといって、逮捕させるほうが悪い。表現の自由の侵害だ」ということも、確かにできます。国民の自由を保障しているのが憲...

あらためて、二次創作弁護。

当方は、二次創作を売ることを生業にしておりませんので、切実な要望として言えることがあるとしたら「私たちはこれからも二次創作を読みたいです」になります。それは原作単行本をコピーしたものではなく、あくまで同人さんが自分で「次はどうするか」と考えて、自分の手で(腱鞘炎になるリスクも背負って)コツコツと描いたものですから、原作とは別個の価値として評価される権利を有すると信じます。同時に、もともと原作のファ...

二次創作弁護について、勘違いしてはいけない点。

前記事の話は「国家が一元管理することではありません」っていうところがいちばん重要なのです。同人を著作権者の横暴から解放してくださいって話ではないのです。基本的に規制されているという点は変わらないのです。それを逮捕させる権利を原作者に留保するか、国家が管理するかという話であって、同人のほうから「私たち金目です」と言えば、尚さら「国家が管理したほうがいい」という結論になる可能性だってあるのです。【ただ...

【事務連絡】カテゴリ分けすることにしました。

シリーズD…DはドージンのD。おもに著作権問題。「同人のほうから威張ることじゃないです」が基調です。シリーズB…BはBLのB。おもにBLの本質論と新宿二丁目方面とのトラブル軽減が目的。シリーズF…FはフェミニズムのF。一部社会学者による誤解・こじつけがBL論・新宿二丁目方面との関係をややこしくしてくれたことに対する批判。恨み節ともいう。シリーズR…Rは「ルサンチマン同人」のR。私の同人誌が売れなくなっ...

アマチュア作家が5年もかけて同じ話を書いている場合は。

「アマチュア作家が5年もかけて同じ話を書いていると言うので、無理と思った」というプロ編集者の話をどこかで読んだという前提の記事。多くの創作投稿サイトや創作カテゴリのブログにあるように、素人が同じキャラクターを用いて何年も書き続けているということは、あります。多くの人に、歴史上の人物や外国の有名人などへの憧れと、現代の日本人としての自分自身の実体験の両方を反映した「マイキャラクター」というのがあって...

フィクションとは、ひらたく言うと「嘘」です。

創作家・出版社・映画会社としては「この物語はフィクションです」と表示した時点で生産者責任を果たしているのです。国民の自由は憲法で保障されているので、その嘘を真に受けて、たとえばお話の舞台になった土地へ行ってみてもいいけれども、お話に出てきたプリンセスや美少年や人間の言葉をしゃべる動物はいないわけです。けれども、その土地名物の料理はうまかった。景色はきれいだった。駅員さんと店員さんは親切だった。観光...

アートしましょう。~同人の自己抑圧

「日本のサブカル」は、同人誌即売会という場所があることを前提に活動を始めた人の場合、売ることを目的に発想も技法も特化させてしまうので、かえって自由に書く・自分なりに描くということを抑圧してしまっていることがあります。ひねりの入ったこと・暴力的なことをわざと言って「ウケ」を取らなければならないと思い込んでいることがあって、ごく当たり前の日常を表した文章がサラッと出てこないということがあります。「表現...

ゆとりプライド。

いまどきの若い人は、「ゆとり」と呼ばれて笑いものにされることが多いので、「でも悪いことはしていません」というのが自尊表現になるのです。逆にいうと「私たちより年上の世代の人は、悪いことをして来たくせに、説教される筋合いはありません」です。だから、手ごわいです。若造だと思って、まだ小娘だと思って、なめてかかってはいけません。中年が自分を甘やかしていると、ちゃんと足許を見られます。じゃなんで今の中年は甘...

大学生は、成人です。

その年の4月1日までに18歳になった子が、現役合格・入学者です。だから大学生というのは、全員が18歳以上の成人です。4月2日に19歳になる子もいますね。その成人が高等教育の合間にえげつないものを書いてもいいです。その権利はあります。売り出す権利もあります。ただし、少女(未成年者)に売ってやったことを自慢した時点で、自分自身が成人としての責任を問われることになります。「でも私が目覚めたのは少女時代だよ!」...

それを同人が言うと、原作者の責任になります。

「私たちはプロより売れているのよw」不正な競争によって利益を損なわれた出版社とプロ創作家は、二次創作の原作の著作権者に対して、対応を求める権利が生じます。また国家に対して取り締まりの強化を求める権利が生じます。「そんなことできると思ってんの!? 私たち女の子には特権があるのよ!」という時代ではないです。「しかし私たちには『JUNE』をつぶしてやった実績がある。もう出版社に遠慮するな!」というなら止むを得...

歴史の裏舞台、創作界のブラックホール。

一人として帰って来なかった……っていうほど怖いところではないんですが、どうもね。「他人のキャラを無断利用して楽してカネもうけ」なんて夢を見てしまったために、メンタルやっちゃった人がいるらしいのです。いや、一人じゃないです。黒バス犯が代表ですから。もともと当方の同人・BL論の目的は、実在被害の軽減と、プロ創作家の名誉回復です。だから、二次創作BL同人さんには「確かに私たちはプロの先生たちを巻き込むつも...

「腐女子」の第一義。

まず、BLと二次創作BLは別です。著作権という決定的な違いがあるからです。従来「BL(ボーイズラブ)」という言葉は商業誌・文庫を示すものと思われていて、二次創作には使わなかったのです。1980年代に栗本薫などのプロ作家によるオリジナル作品が堂々のハードカバー単行本として発行される時は耽美派文学の一種という位置づけでした。帯に印刷されていたのは「耽美時代劇」などでした。出版社がお客様(読者)に対して自虐...

他人から禁止されるより、納得してやめたほうが確実。

「SNSを炎上させてはいけません! 新宿二丁目に行ってはいけません!」じゃなくて、BLというのはもともとこういうものなので議論して炎上する必要ないんですよ、ストレート女性がやたらに新宿二丁目へ行くと自分が恥をかきますよという、ご説明を申し上げております。他人から禁止されれば、反抗したくなるものです。それより説明を聞いて、納得して、自分自身の信念となって、自己判断によって「ここでは発言しない」とか「...

「同人はフェミとは別」とは、あなたが自分で守る注意です。

BLというのは、端的には「男性に女役を振る」というだけの話です。それを女性の一部がひじょうに面白がるので、創作家と出版社の一部にとってはいい稼ぎになると。それだけのことですね。それを社会学的見地から見れば「日本において、女性の役割とはこういうことだと考えられていることが読み取れる」となります。ファンの一部にとっては「自分の見合いのめんどくささや同級生が結婚してしまったくやしさを忘れて気軽に感情移入...

アニメファンと二次創作BL同人の被害妄想に困った件。

戦場といえば、当方は「日本のアニメはリアリティがない」って申したことがございます。マントというのは陸軍の防寒用だから、戦艦の中で着用する必要ないってね。そしたら「リアルが見たけりゃ中東でも行け」って言って来た人がありました。「でも、そのリアルでないところがアニメの醍醐味である」という結論を待つことは出来なかったらしいです。たぶん「またそんなアニメばかり観て」と叱られた経験が脳をよぎったのでしょう。...

二次創作同人のほうから言えること。

同人として有名な人であればあるほど、上手い人であればあるほど、その道ひと筋ということですから、漫画が描けるという以外にたいした技能がないというのは確かです。とはいっても、他の業界でも企業が倒産すれば専門職が失業して、単純作業で口を糊することになるのですから、二次創作しか描けない同人だけが特別に配慮してもらえる理由になるのかどうか。すでに著作権法がある以上、他人のキャラクターを自分の商品として売ると...

当方の同人・BL論は、論理展開の段階があります。

1:BLは、明治文学のアレンジです。2:BLは、ストレート女性中心主義です。3:だから、実在LGBTに迷惑かけてはいけません。本当に言いたい点は、もちろん「3」です。同様に同人論のほうも。1:同人誌とは、もともと本当に同人会の会報で、会員全員のオリジナル作品をまとめたものです。2:1970年代に、誰かがアニメのパロディを描くことを思いつきました。その時点では、まだ必ず売れるという保障がありませんでした...

黙秘する権利がある、とは?

「黙ってると痛い目を見るぞ!」と言われる筋合いはないということですね。つまり拷問の禁止です。戦後憲法は、戦前の治安維持法によって反戦運動が抑圧され、日本が戦争に突き進むほかなかった、そのことを念頭において、反戦運動を抑圧しないことを最大限に優先しているのです。だから「表現の自由」とは、政府を批判する権利です。法律の作り方を批判する権利。えらい人だけで勝手に決めてはいけなーーい! という権利です。っ...

もしも漫画家が江戸時代にタイムスリップしたら。

蔦重が出版を引き受けてくれたことだろうと思います。そして、あっという間に工房が成立したことでしょう。人物・背景・仕上げの分業体制。(今と同じじゃん)浮世絵師たちは、コマ割り・フキダシの発想を知らなかっただけですから、現代人の原稿を一読すれば、たちどころにコツをつかみ、再生産を始めたに違いありません。金属の職人にペン先を見せれば量産体制を整えたでしょうし、スクリーントーンも似たようなものを発明した可...

すべての同人は平等です。他人を笑いものにする人は早く帰りましょう。

同人誌即売会に出展するサークルのほとんどは、昔は本当に同人会(複数の会員によるグループ活動)でした。その会報だから同人誌。俳句などの同人会と同じです。本来、コミケに出展する人々というのは「漫画同人」なのです。最近はゲーム同人、音楽同人も多いですね。で、古い時代の同人誌というのは、複数の会員(=同人)の作品をまとめた合同誌でした。オリジナル漫画専門誌が本来の形ですが、一冊の中にオリジナルもパロディも...

同人さんは、あなたのママではありません。

絵師さんだか字書きさんだかに対して「私はそのカップリングが好きではない」って、わざわざ自己主張して来る人がいるんだそうです。カップリング論争ってのは昔からあったんですけども。他人を説得しなくても、自分で好きなように書いていいんですよ。書けないと思っても、特定の同人さんに粘着する必要はありません。自分の好きなキャラクターまたはカップリングを探して、旅に出ましょう。具体的にいうと、他のサークルさんを訪...

同人の場合、著作権法がなくなったらどうなるか?

20歳以上に達して、少年としての情状酌量が得られなくなり、成人として自己責任を負うことになった者。これが「私は同人やっていたから、同人だけ特別に著作権を無視してもいいじゃん」という考え方をするのが、おおきな集団に頼ることの一例です。この問題は、あくまで「そんなに悪いことではないので、国家的に(警察力を投入して)取り締まらずに、著作権者に一任するという従来の方針を維持して頂きたい」という、低姿勢でお願...

警察力のリソースは、ロビー団体が切るカードです。

「我々に対して警察力を投入すると、貴重な警察力のリソースを、本来それが必要な部分に投入することができなくなって、もっと重大な犯罪を助長することになります」というのは、ロビー団体が直接に政治家に向かって切るカード(切り札)です。交渉術の一つであって、あえて聞こえの悪い言い方をすれば、脅しです。けれども、一般社会に向かって言えば、一般人は「じゃあ我々のボランティアで政府を助けよう」って言い出すだけです...

日本のサブカルの責任は、おとなにあります。

日本の若者文化は、日本国内で較べても、伝統芸能・伝統工芸の様式美に較べたら、ガチャガチャして見えます。でも、それは本当に発展途上なせいだから、結果を急がないでやってください。マンガもアニメも戦前から存在しますが、現在の主流は『鉄腕アトム』に発したと考えれば今年で66年め、『海のトリトン』に発したと考えれば今年で45年めです。能楽は室町時代に発して変化を重ね、現代の形に定まったのは江戸時代。300年かけて...

勉強できなくなった人は、他人の勉強を邪魔しようとします。

そういう人は、それぞれに、その人にとってはスルーできない問題をかかえていることが多いものです。たとえば家庭がうまく行っていないとか、交際相手からひどいことを言われたとか。だからといって、可哀想だと思って、一緒になって遊んだり暴れたりしなくていいです。あなたが卒論を出せなかったり、就職できなかったり、原稿を落としたり、舞台に穴を開けたりした時に、その不良がおカネを出して、あなたを救ってくれるわけでは...

山も落ちも意味もないとは?

二次創作BL同人が「山も落ちも意味もない」といって自虐したのは、ほんとうに手抜きしていいという意味ではないのです。「何もないが、パロディとしての面白みはある。しかし権利者に見つかったら取り上げられてしまうから、これって許可を取ってあるんですか~~? とか野暮なことを抜かす素人は入ってくるな。まちがってもテレビ局や警察にうたうんじゃねぇぞ」的な裏業界ジョークだったのです。「な~~んちゃって♪」と言い...

山も落ちも意味もない同人活動で苦労するのは出版社ではなく、本人です。

海賊版が取り締まり対象になるのは正規版が売れなくなるからです。映画会社が倒産すれば、多くの失業者が出て、生活保護が国庫を圧迫するでしょう。また新作映画が作られなくなって、一般観客も結局は損をします。テーマパーク開設などにともなって、何億円も取れるはずのキャラクター使用料が取れないというのも見過ごしにできません。とくに外国企業から取れるはずのものが取れなかったとなれば、そこから何パーセントかを納税さ...

二次創作同人誌を「売る」という消費行動。

副題:真の目的は「みんな一緒」という安心感に浸ること。「なぜ少女がコミケに夢中になるのか」と盛んに議論された時代もあったねと、今日の風に吹かれる前に、後学のために思い出しておきましょう。評論家たちが見逃していたことがあるのです。「一部の漫画に基づいたアニメに基づいて、二次創作同人誌を制作し、コミケで売る」という一連の行動が、ひとつながりで流行したということです。「売る」という行為が含まれているので...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。