MISHA'S CASKET

スポンサーサイト

演能中の私語は慎みましょう。

「これだから若い人がテレビにつられて見に来ると困る」という話だと勘違いされると困るので、あえて申し上げておきます。中高年のほうが態度が悪いです。シテが留め拍子の体勢に入って、後座が最後の一音を打ち切るまでが重要なんだから、もう終わりだと思って気を抜かないでくださいませ。ご自宅でテレビを観てるのとは違うのです。自分より年下の役者たちが修行の成果を披露してるんですから、聴いてやってください。困難を承知...

狂言師と、狂言方。

狂言師はマスメディア的な造語。正しくは能楽師・狂言方。ですけれども、べつに前者が間違いってわけではないです。そもそも大カテゴリとして「能楽」なわけで、その下の「子カテゴリ」として、シテ方・脇方・囃子方・狂言方という分類があるのです。西洋式オーケストラでいえば、第一バイオリン・第二バイオリン・ビオラ・チェロ・コントラバス・金管・木管・パーカッションと。第一バイオリン担当者を素人(観客)が「バイオリニ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。