MISHA'S CASKET

スポンサーサイト

1986年『カラヴァッジオ』

やっと見た(*´∀`*) 80年代には、こういう単館上映系にはほぞを噛まされることが多かったのですが有難い世の中です。冒頭から部屋の隅を利用した構図にドキッとさせられます。天井の映らない密閉感がまさにカラヴァッジオの絵画そのもので、全編を通してその手法が続くので、活人画の再現ぶりの素晴らしさとあわせて、彼の絵のファンとしては、お腹いっぱい良い気持ち(^^)です。これを制作した映画人たちは、じつに楽しかったので...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。