MISHA'S CASKET
misha109

好きな言葉は残侠と耽美。

同性愛者は、アダルトチルドレンではありません。

2017年10月13日
自称性的マイノリティ
彼(女)らは、一人前のおとなとして認められたいのです。いつまでも男同士(女同士)で遊んでいるなどと言われたくないのです。

彼(女)らは現実逃避しているのでもありません。結婚という制度に乗せてもらいたいのです。

彼(女)らは、おはなしの登場人物だと思われたくない。テレビの中の「役柄」だと思われたくない。現実の一部として認められたいから人権運動しているのです。可能なら育児の責任も負いたいと思っています。

だから、彼(女)らは「男女交際したことがないので、おとなになれないのは仕方がない」といって言い訳したがるストレート女性の仲間ではありません。

女性が「異性と寝たことによっておとなの女になる」と思い込んでいることは、異性愛至上主義ということです。それは同性愛者にとって最も不愉快な発想です。

したがって「私って彼氏がいないから、まだ子どもなの~~」といって我がままにふるまうストレート女性は、LGBTの敵です。

関連記事
スポンサーサイト



気に入ったらシェア!

misha109
この記事を書いた人: misha109
冷静に通読できる大人の読者様を想定しています。「若い人」に直接呼びかける文章は、18歳以上のヤングアダルト対象です。高校生は受験・就活を最優先してください。

映画などの鑑賞記冒頭の色つき文字は、作品中の台詞・歌詞からの引用です。取り上げる作品は暴力・エロスなど特殊な要素を含んでいることもあります。

同人論の基調は「二次創作の責任を二十四年組に押しつけるな」、BL論の基調は「実在LGBTに甘えるな」です。

いずれの分野からも、偏見と差別と自虐がなくなるといいと思っております。

記事は時々予告なく改訂・分割・移動・削除しております。保存は個人的閲覧の範囲で、お早めに御随意に。

リンク、ブックマーク等も、オンライン常識としてご自由です。転載・改変利用は固くお断り申し上げます。