MISHA'S CASKET
misha109

好きな言葉は残侠と耽美。

「同人はフェミとは別」とは、あなたが自分で守る注意です。

2017年10月13日
シリーズD
BLというのは、端的には「男性に女役を振る」というだけの話です。

それを女性の一部がひじょうに面白がるので、創作家と出版社の一部にとってはいい稼ぎになると。それだけのことですね。

それを社会学的見地から見れば「日本において、女性の役割とはこういうことだと考えられていることが読み取れる」となります。

ファンの一部にとっては「自分の見合いのめんどくささや同級生が結婚してしまったくやしさを忘れて気軽に感情移入できる娯楽」となります。

ゲイにしてみりゃ「男同士は異常と書かれて気軽でいられるか」となります。

現代の同人にしてみりゃ「いまの私たちはそんな台詞を書かないように気をつけています!」となります。

すべて真実です。

真実はいつも一つではないというだけの話です。

なお、社会学的見地から見れば「日本では創作家および出版社が空想的な同性愛描写を単なる営利手段と考えていることが読み取れる」となります。

どんな現象も社会学的見地から見ることができるし、ジェンダー論を適用して解釈することもできます。「最初から金目だからジェンダー論ではない」ことにはなりません。大学で何を勉強して来たのか。

(勉強しないで二次創作を書いていたんでしょうね)

なお、二次創作BL同人の先輩が「同人はフェミとは別」とか「ジェンダー論ではない」とか言ったのは、すべて自分たちの著作権問題が露見することを恐れたからです。

だから、二次創作BL同人やっている女の子(自称)本人が、自分の二次創作BL同人活動について、えらそうに「ほんとうの目的は金目です!」とか言うなという意味です。

だから、他人がプロや出版社の話をしているところへ、二次創作BL同人やっていた昔の少女が首をつっこんで、本当の目的を教えてあげるごっこしなくていいのです。

分かりましたか?

関連記事
スポンサーサイト



気に入ったらシェア!

misha109
この記事を書いた人: misha109
冷静に通読できる大人の読者様を想定しています。「若い人」に直接呼びかける文章は、18歳以上のヤングアダルト対象です。高校生は受験・就活を最優先してください。

映画などの鑑賞記冒頭の色つき文字は、作品中の台詞・歌詞からの引用です。取り上げる作品は暴力・エロスなど特殊な要素を含んでいることもあります。

同人論の基調は「二次創作の責任を二十四年組に押しつけるな」、BL論の基調は「実在LGBTに甘えるな」です。

いずれの分野からも、偏見と差別と自虐がなくなるといいと思っております。

記事は時々予告なく改訂・分割・移動・削除しております。保存は個人的閲覧の範囲で、お早めに御随意に。

リンク、ブックマーク等も、オンライン常識としてご自由です。転載・改変利用は固くお断り申し上げます。