MISHA'S CASKET
misha109

好きな言葉は残侠と耽美。

武士の世とは、現代の視聴者にとって何なのか?

2017年10月20日
映画(2017年の記事)
2012年度NHK大河ドラマ『平清盛』論ですが、古い作品の欠点をあげつらうのは新作につなげるためです。反省だけなら猿でもできる。重要なのは、あやまちをくりかえさないことです。

さて。ドラマの中心でくりかえし叫ばれたのが「武士の世」というフレーズ。主人公はそれを言うことによって、一族郎党の内部対立を鎮め、結束を固めたつもりです。

けれども、彼は所領経営をめんどくさがり、数字を確認することを怠る人物で、盟友・信西を見習って勉強するという謙虚さを持ち合わせていませんでした。

集団の成員どうしの話し合いを禁じ、リーダーの意見への同調を強要し、精神論を優先して数字を無視することは、旧日本軍最大の欠点です。

旧日本軍の指導者は、全員ではありませんが、士族です。つまり、この国では1945年8月15日正午まで「武士の世」が続いていたのです。

その武士道精神が玉砕と特攻を美化して将兵に強要し、都市部の庶民にも疎開を許さず、空襲による人的被害を増大させたことは、すでに証明されているといっていいでしょう。

その同調圧力は、いまなお企業において、スポーツ指導の場において、競争に勝つという大義名分を優先して、集団の成員個人の人権を蹂躙することを正当化し続けていると言えるでしょう。

それをいやがる現代の若者たちが、いまから武士の世を打ち立てようという話に感情移入できるわけはなかったのです。


関連記事
スポンサーサイト



気に入ったらシェア!

misha109
この記事を書いた人: misha109
冷静に通読できる大人の読者様を想定しています。「若い人」に直接呼びかける文章は、18歳以上のヤングアダルト対象です。高校生は受験・就活を最優先してください。

映画などの鑑賞記冒頭の色つき文字は、作品中の台詞・歌詞からの引用です。取り上げる作品は暴力・エロスなど特殊な要素を含んでいることもあります。

同人論の基調は「二次創作の責任を二十四年組に押しつけるな」、BL論の基調は「実在LGBTに甘えるな」です。

いずれの分野からも、偏見と差別と自虐がなくなるといいと思っております。

記事は時々予告なく改訂・分割・移動・削除しております。保存は個人的閲覧の範囲で、お早めに御随意に。

リンク、ブックマーク等も、オンライン常識としてご自由です。転載・改変利用は固くお断り申し上げます。