スポンサーサイト

Misha

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted byMisha

ゲイと連帯できるつもりの勘違い、中級。

Misha

副題:同性婚と逆ナンパ。

同性愛カップル最大のピンチは(ヘイトクライムを別にして)、家屋の名義人が死亡した場合、故人の血縁者が相続するので、同居人が追い出されてしまうという時です。

これが「夫が死亡した」という婦人の場合、子どもがなくても、配偶者として、おおきな割合で相続の権利が認められていますね。よほど夫の親族と揉めたり、税金が高かったというのでないかぎり、長年住み慣れた、夫との思い出の詰まった家屋を守り、彼の骨を納めた墓を守り続けることができるでしょう。

逆に「婚家の墓を守るという義務を課せられる」という言い方もできますが、さしあたって路頭に迷わないように、婦人と子どもには配慮が与えられているのです。

同性愛者は「それを我々にも認めてくれ」というわけです。故人の弟よりも、同性愛の相手が優先されるという世の中であってほしい。数十年、あるいは数千年来の悲願です。

で、これをですね……。

「私、ノンセクだから誰とも性的な関係を結ぶことができないけど、私にもそういう人生保障がほしいわ~~!」といえば?

「本人同士の合意に基づいて、血縁者よりも優先順位が与えられる」という、パートナーシップ制度に私も乗っけてという意味になります。

そのための相手を見つけることを「ゲイとの連帯」というなら、ゲイを逆ナンパってことです。(´・ω・`)

でも、彼らは同性のお相手に、その優先順位を与えたいのです。

したがって、モテないゲイでよければってことになります。

覚悟はできましたか?



関連記事
Posted byMisha
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。