スポンサーサイト

Misha

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted byMisha

ゲイはフロイト流ではなく、個人心理学です。

Misha

アドラー心理学は、フロイトと並んで、欧米では古くから盛んだったそうで、そう思って考えてみると、LGBTプライド運動というのは、明らかにアドラー寄りです。

すなわちLGBTは個人心理学です。フロイト理論に従うと、彼らはリビドー進化に挫折した可哀想なアダルトチルドレンということになってしまう。

「可哀想な後天的発達障碍者だから配慮してください」という戦法を取ることもできますが、現代のレインボープライドというのは、自分を憐れみ、自虐することをやめたところから始まっています。

とくに男性同性愛者はナチスによって迫害されました。だから「我々は異常ではない。排除される筋合いはない」というところがスタート地点です。

彼らが虹色旗を掲げて「もともと同一文化を有しながら世界中にディアスポラした民族」かのように行動するのも、だてではないです。

そう考えると、まさに「母親がトラウマになっているので、ノンセクシュアルになってしまったアダルトチルドレンだから、ゲイと弱者の連帯できる」という主張が致命的であることが分かるのです。

関連記事
Posted byMisha
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。