自分より条件の不利な若者を差別する中年に、救済措置は与えられないのです。

「私は都会の同人誌即売会に出ていたのよ。地方に住んでる子と一緒にしないで!」といって怒る人は、自分がその都会暮らしに挫折した時も、救済措置が与えられません。

与えられないことに決まっているというのではなく、本人が救済措置が得られるつもりで「ゲイと弱者の連帯できる」と宣言したんだけれども、そっちの世界でもうまく行っていない様子なので、ひとの心の動きというものを、ちょっと解説しておこうかなと思ったしだいです。

日本全国には、家庭の事情によって上京できない若者、大学進学を断念した若者、家業を継ぐことを決意した若者、地元の後輩を行政や福祉で支える決意をした若者、病気療養や身体障碍によって外出しにくい若者が大勢います。

誰も、東京に移住しない生き方を選んだからといって、他人から差別される筋合いはありません。

彼(女)らが余暇活動として「二次創作」というものを制作したり鑑賞したりすることが好きで、インターネット上から強制削除しないでほしいと望むなら、当方は全面支持します。

そういう話を理解しようともせずに、自分自身の都会進出だけを自慢する中年が、その都会で「独身は可哀想」と言われたからといって、急に「弱者の連帯」を主張しても、他の弱者から愛されないのです。

地方にもLGBT団体が成立している時代に、そのことを知ろうともせずに、自分自身の新宿二丁目進出だけを自慢しても、二丁目の諸兄諸姉もお困りになるのです。

彼らは地方の仲間を差別してやるために、都会で集まって威張っているわけではないのです。

事実として、LGBTの世界にも、最近上京したばかりという若者を「イジる」と称してイジメる先輩もいるかもしれません。

でも、誰よりも自分自身が「ゲイなら独身は可哀想と言われた私の悔しさ・悲しさを分かってくれる。きっと優しい言葉をかけてくれる」と期待して、彼らの仲間に入れてもらおうと思ったはずです。

なのに、なぜ、自分自身は自分より条件の不利な若い同人たちを否定し、自分の経験だけを誇ろうとするのか。

実際には、ゲイの世界にもDVがあり、金銭トラブルもあります。ゲイだから優しい・ゲイだから気が利くとはかぎりません。それを期待して行くなら、ようするに「お客さん」です。ゲイバーのサービスを利用させてもらおうと思っただけです。

それは、ちょうど、自分自身の金銭的利益のためだけに、同人誌即売会という場所を、ちゃっかり利用させてもらったということと同じです。

存在と表現の多様性を求め、誰からも差別されたくないという創作仲間の気持ちを共有した人ではないのです。


(※毎年若い人が巣立ちの時期を迎えると思い出すだけで、最近また何かあったというわけではないです)

関連記事