偏見を解消しようと思ったら、偏見のかたまりが来たのです。

もともと同人という言葉は、明治時代から、短歌や俳句や小説の同好会に所属する人々が使っていた言葉です。(ご維新以前のことは省略します)

彼(女)らの多くが旧制高校・女学校時代から表現活動を始めました。それは人生と芸道の先輩が書いたものを参考にしつつ、それに逆らって、新しい表現を求める挑戦の連続でした。

けれども、1980年代に、漫画および文芸同人の一部に強い偏見が発生したので、現代の若い人々が「もっと自由に描きたい・書きたい」といって、泣いているのです。

だから、偏見が発生する前は、二次創作やBLの分野でも、実際に今より自由でしたというお話をしているのが、ここのブログの中の人です。最初はSNSでつぶやきました。げんにSNSに、そういう若い人々の声(複数形)があったから、そのまま自分もSNSで発言したのです。

すると「あら、あなた田舎に住んでるから何も知らないのね。都会の同人誌即売会で同人やっていた私が本当のことを教えてあげるわ。同人誌ってゆぅのは、エロを書いて個人的に出展すれば、すぐ売れるのよw」

要約すると、こういうメンションが来ちゃったのです。いや、だから~~。

そういう偏見を持った中年が大勢いて、威張ってるから、若い人が泣かされてるんですってば。

当然ながら、その偏見を言っちゃった人は、若い人から抗議の声が挙がっていることを、つかんでいないわけです。せっかくインターネットが使えるのに、せっかくSNSに参加しているのに、何も調べていない。最新情報を得ようとしていない。

なのに「私のほうが詳しいわ」という顔をして、飛び出して来たのです。

そういう人は、おそらく現実でも早とちりで自信過剰なので、付き合いにくい人だから、あまり友達いないので、SNS依存症になっていて、見知らぬ相手に対して個人的に絡んで行くというふうになっているのです。

そして、もちろん、その状態に自分で気づいていないのです。

だから、ここでは、その経験を一般化して「自分自身を疑いましょう」というお話もしています。

派生的に「インターネットが悪いのではなく、その使い方の問題だ」という具合に、さまざまな偏見に対して「論点はそこじゃない」と指摘する記事が多い(つもり)です。

いまの若い人は、日本人は議論が下手なので国際社会で負けるという反省から、ディベートや小論文の授業を受けるようになっています。だから論理的な思考が身についています。

また「ゆとり」世代は、だてにゆとって来たわけではないのであって、詰め込み知識でがんじがらめになっていないので、発想が斬新で、問題の本質を見抜く目を持っています。SNSにおける発言も、ひじょうに鋭いということがあります。

けれども、詰め込み時代に教育を受けた中年は、その後に自分でブラッシュアップを心がけていないと、本当に「あの頃」に覚えたことを、そのまま繰り返す人になってしまっています。

どうか、母親などのせいにせずに、自分で気をつけてください。

関連記事