スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腐女子と負け犬の二項対立は、成立しません。

もともと「負け犬」というのは、独身生活をエンジョイしてるんだけれども、そう言うと説教されちゃうので「可哀想な負け犬でございますと言っておく」という処世術です。

だから、その内実が「二次創作BLが大好きだから負け犬」ということもあり得ます。声優コンサートに行くのが生きがいだから負け犬ということもあり得ます。

同人誌(と呼ばれる個人出版)を買いまわったり、CDを聴いたりすることで本人が満足しているなら、幸せな負け犬です。

【冷戦の遺物】

「Aはイケてるが、Bはイケてないw」という二項対立の構図に落とそうとするのは、冷戦時代の発想です。その東西冷戦時代の末期だった1980年代の少女が、2005年を過ぎたあたりから、急に威張り始めたのです。「独身のまま、この歳になってしまった」ということに気づいて、焦り始めたからです。

べつに焦らなくていいですし、焦らなかった人も大勢いるんですけれども、焦ってしまった人から順番に変なことを言い出すようになったのです。

2006年には、わざわざ書籍を発行して「私たち腐女子は負け犬よりマシです」と宣言して、強い批判を浴びた女性記者がいました。この人は、おなじ本の中で「同人誌とはアニパロです!」とも断言してしまって、これも強い批判を浴びました。つまり、一つの偏見にとらわれやすい人は、他のことでも偏見にとらわれやすいのです。

また劣等感を感じてしまった人は、優越感を取り戻そうとするので、他人を傷つけようとするのです。

ここの管理人に絡んで来たのは別の人でしたが、上述の記者さんと同様に「プロか同人か、エロかプラトニックか、金目か非営利か、フェミか同人か」などなどの二項対立の発想に捉われていました。

それに基づいて、他人の話に対抗意識を燃やして攻撃して来たのですが、べつに「プロの話ばかりしているお前は私たち同人を規制するつもりだな!?」という考え方をしなくていいのです。

ここの管理人が言っているのは「BLは女性ナルシシズム表現の一種だから、実在のゲイに迷惑かけることではないので、マナーを守りましょう。それによって、BLを規制から守ることができます」です。

「BLは女性のナルシシズム」とか難しいっぽいことを言う人だからといって「こいつはフェミだから同人の敵だ」と思わなくていいのです。

BLファンは、ゲイに対して、プロ創作家に対して、BLファンではない独身女性に対して、なんの特権もないし、威張る筋合いではないのです。

日本の女性は、すでに「BLを読む自由」が認められているのだから、そのことに感謝して、世界平和と若い人の安全を願って、おとなの女性として、社会人として、ふつうに礼儀を守って、おとなの言葉使いで主張すべきことを主張し、できることをすればいいのです。わざと法律違反を自慢して「このくらい遊びじゃないのw」といって、世間様をからかう必要は、ないのです。

【贈る言葉】

若い皆さんは、勤労や学問の合間に、BLくらい読んでもいいですし、同人誌を買ってもいいですから、それだけにこだわらない人になってください。

「自分は同人誌に詳しい」という以外に自慢できることがないので、他人をからかって、やっと少しだけ自分が優越感を感じることができるという、悲しい差別主義者になってしまわないでください。

配偶者がいなくても、他人様の子どもたちを預かって、立派に卒業させたり、大学進学のお手伝いをしたり、障がい・病気と共存するお手伝いをしたりするといったことは可能です。予備校の先生でもいいし、福祉課の職員でもいいのです。

自己満足というと良くないイメージですが、自分の選択に自信を持ち、自分の職業に満足することは大事なことです。自己実現と社会の役に立つことは、対立概念ではないのです。

あえて言いますが、「同人誌」だけで食っていける人は本当に一握りです。誰もが(コミケの出展権は抽選制なので)今回はよかったが、次期は売れないというリスクと、大きな不安を抱えています。同人なめてはいけません。自分の学業や就職活動に挫折した時に、「でもまぁ同人やればなんとかなるw」というほど、甘くはありません。

同人が本当に言いたいことは「同人を、自分の優越感や現実逃避や失敗した時の言い訳の道具に利用しないでくれ」だと信じます。

そして、それは実在の同性愛者の皆さんも同じです。


関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。