MISHA'S CASKET

好きな言葉は残侠と耽美。うぐいすリボン協賛中。

 >  社会 >  社会(2018) >  その「ツイートする」ボタンをタップする前に、深呼吸しましょう。

その「ツイートする」ボタンをタップする前に、深呼吸しましょう。

ご無沙汰しております。先日、某院の待合室でチラ読みした書籍の中に、以下のようなお話が載っていました。

「記憶力、集中力、感情の制御、仕事の段取りをつける能力などの高次脳機能は、呼吸・嚥下・姿勢保持などの低次脳機能に支えられている。後者を整えると前者も活性化する」(要約です)

したがって、集中力を高めて効率的に作業したり、理性的な判断を下したりするためには、まず深呼吸するといいんだそうです。
Read More


じつは、先立つ数年前に、同じことをSNSで教えてくれた人自身が、SNS依存症でした。その発言は、つねにひとこと短く怒鳴る体のものだったので、モバイルユーザーだったのだろうと思います。

「液晶画面に向かって項垂れる姿勢を続けると、胸郭が圧迫され、体内に取り込む酸素の量が減って、大脳の活性が低下し、鬱病っぽくなる」と言う人自身が「被害者意識に駆られて先制攻撃メンションして自滅」ということをくり返していたのです。挙句に「ついつい攻撃的ツイートしてしまう癖をやめたい」とか言っていたんですが……

まず、あなたが深呼吸してください。

(その場で言ってやればよかったとずっと後悔しています)

モバイルは画面が小さいので、縦横無尽にブラウジングして複数の情報源から総合的に判断するということがしにくく、ツイッターならツイッター、LINEならLINEのタイムラインだけに変に集中して「いまそこにある発言に対して何か言ってやらなくちゃ!」という焦りに駆られてしまいやすいものです。

ですから、各位におかれまして、その「ツイートする」ボタンをタップしてしまう前に、視線を上げてください

眼玉だけではなく、姿勢を正して、深呼吸して、いま言おうとしていたことを言ったら、その後の人間関係がどうなるか、イメージしてみましょう。「みんな」ではなく、個々のフォロワーさんを具体的に思い浮かべて「あの人はどう思うかな」と考えると効果的です。

自分と似たような攻撃的な人ばかりがそろっている場合には、その時点で、そのことに気づきましょう。自分で選んだ道だからこそ、変えていくのも自分です。

こういうことは「じゃあ私の姿勢が悪いってこと!?」というふうに自分を傷つける方向に考えるのではなく、へぇそーなんだ、そのうち試してみよ~と軽く覚えておくのがいいです。

自分を傷つける方向に考える人というのは、そうやって騒ぐことによって注目を浴びたい、誰かに慰めてもらうことを期待している、すなわちそれだけ寂しいのだということも自覚してください。

何ごとも「気づき」が第一歩です。そこに至るまでの道のりが、そもそも長いわけですが、気づいたところが新たな第一歩です。そのためにも、深呼吸なさってください。

本日は以上です。


(おまけ:可能ならラジオ体操するといいです。)


関連記事

Return