『源氏将軍神話の誕生―襲う義経、奪う頼朝』 (NHKブックス)

ソフトカバーですが、一次資料と先達の研究成果に丁寧に言及した力作です。

前半は、清和源氏の一分派にすぎなかった河内の武士団が、奥州討伐(という名の一方的な侵略)の成功によって武威を高め、武神・応神天皇(=八幡神)を祖神とするパフォーマンスを繰り返し披露することで、皇孫の血統を誇示しつつ、八幡神の娘とされた「若宮」をまつる渡来系職能民の心を掌握し、朝廷に対して大きな対抗勢力になっていく様子。
後半は、頼朝がそれら父祖の戦略を継承発展させ、ついに藤原摂関家(九条家)に膝をつかせる様子。
その鎌倉と九条の裏取引の陰で義経がスケープゴートとされて追い落とされていく様子が、細やかに一歩ずつ描かれます。

テーマは鎌倉殿・頼朝の輝かしさと、美形ヒーローとされた義経の虚実を暴くこと。

神威を奉り、人心に配慮しつつ、そのいずれをも踏みにじって権力掌握の道具とする頼朝の冷酷さ・政治家としての器の大きさ、その陰で同族殺し・部下殺しの罪の意識におののいていた姿。
少年時代の美しいイメージ・青年時代の活躍ぶりに反して、政治的な野心を持ちながらも自分からは一歩踏み出しきれず、支持をなくして西へ東へ逃げるしかなかった義経のみじめな姿。
その陰で家系の繁栄を願って右往左往・右顧左眄する北条家・九条家。
そして、そのような権力者たちの浅ましい姿を苛烈な乱世の底から物も言わずにじっと見据えていた民衆。

暗い炎が華麗な装束姿の貴顕淑女を取り囲んでいるような、不気味なイメージが浮かびます。

強引な手法で急激に権力を拡大した頼朝の家系が三代で絶えたとき、世人は乱世への恨みを込めて、それを義経の怨霊の報復と見なし、畏れました。
義経の美しい物語が語り継がれたのは、彼がそれだけ心を込めて慰めるべき、強い怨霊とされたからでした。応仁の大乱・戦国時代は、義経の祟りと考えられていたとも言えるのです。

文章は断定を避けてややまわりくどいですが、それだけに安楽椅子探偵もののミステリを読むような、語り手とともに大胆な想像をくりひろげる楽しみを味わえます。

なお、義経を追い落とした側である藤原摂関家の菩提寺である興福寺および春日大社につかえた申楽者の末裔によって、今も彼の物語が伝えられ、舞われ続けていると思うと、また感慨深いです。
関連記事