【オリジナルBL読者を腐女子といえば不適切です。】


人間が腐ったとは、一般社会において、決して良い意味には受け取られません。いたんだ、悪くなったと言い換えても同じです。

これをオリジナルBL作品を購読した女性に適用すれば、それを発行した出版社としては「御社の製品を購入した女性は、悪くなってしまうのですね?」と言われたわけですから、営業妨害くらいは主張できるんじゃないかと思います。

また、作家としては「貴女の作品を購読した女性は、悪くなってしまうのですね?」という意味ですから、名誉毀損くらいは言えるだろうと思います。


【一次作家の自虐も不適切です。】

BL分野に限らず、一次作家自身が「私の作品なんてダメ」みたいなことを言えば、自分自身の表現の自由の侵害です。自分の権利を侵害すれば、あなたには「ダメ」という自由もないことになります。お気をつけ下さい。

もし、BL作品を購読した女性が、人生の何らかを諦めなければならなくなり、「どうせ」と不貞腐れたくなるのだとしたら、それはBL作品およびその購読者をいじめる人がいることが悪いのです。


【自虐を認めちゃったのは残念でした。】

この理屈に基づけば、「やおいって何ですか?」と訊かれて、「ああ、ああいう子たちは自虐してるんですよ」と解説に応じてしまった人々は、最初の時点で蹴っつまづいていたことになるかと思います。

「なにも彼女たちも好きこのんで自虐しているわけではありません。自己表現手段の少ない女性のために、二次創作の表現の自由を認めてやってください」

これが正解じゃなかったかと思います。

厄介なのは、大学の先生も本を書いて生活する人々だったので、著作権法そのものの廃止とか、形骸化とかは主張できなかった点でした。やおいが二次創作を意味することは、微妙にぼかされました。

プロ作家は決して使わず、新聞報道もされず、同人誌即売会限定で使用されていた(とされる)やおいという言葉は、二次創作という身分を示すものではなく、「BLであることを自虐している」というふうに間違って整理され、あることないこと言い立てられました。

女性がストレート男性目線の性的創作物に飽き足らず、男性による少年趣味を主題にしてみたいと思ったとき、それはオリジナルとして書かれ、発表されれば良いだけであって、べつに「どうあっても他人の権利に抵触する必要がある」と思う必要はありません。

万が一、やおい当事者が本当にトランスゲイであっても、アニメを選ぶ必然性はありません。

さらに百歩譲って、プロ男性漫画家はプロ女性漫画家よりも優遇されているので、思い知らせてやるのだというような「義賊」的意識から、男性漫画家を狙い撃ちにしたとも考えられますが、べつに男性漫画家のほうが売れているとも限らなかったでしょう。

それは、SFアニメから始まって、後から原作つきアニメの放映が始まったので、即売会に参加したくて先輩の真似をしているうちに(または先輩の真似がしたくて即売会に参加しているうちに)、結果的に原作漫画家の権利に抵触したという成り行きにすぎないものでした。つまり、それだけ何にも考えていなかっただけでした。

それを擁護するなら「あの子たちは何にも知らないのですから」と情状酌量を求めれば良いのですが、これは当然「正しい教育の要求」につながって行きます。すなわち、著作権法の遵守を徹底することになります。

現行法の撤廃か、遵守か。いずれにしても言えないのであれば、この件はノータッチが正解でした。

女性としても論客としても未熟で、大人と子供、オリジナルと二次創作を混同し、本質を見誤った昔のフェミニズムにとって「やおい論」は鬼門だったろうと思います。

当時の人々も退官し始めました。やがては完全に世代交代がなされるでしょう。その間に、BLという創作分野はどうなるのか。二次創作全般の権利は?

世界は「保守」という名の暴力へ向かっているという危惧が、ないことはありません。



関連記事